▲ TOP

KUHL Racing & ROHAN Chevrolet Impala

2019年10月18日

もうすぐSEMAショーの季節ですが、去年のSEMAショーでデビューを果たし、2019年オートサロンでは輸入車部門最優秀賞アワードを受賞した、この超有名車。ローハン製作58年型シボレー・インパラも次世代エアサス エアフォースサスペンションを搭載頂いてます。

インパラ エアサス ローハン

インパラ エアサス ローハン

ローハン代表・井澤代表といえば、今やペイントアーティストとしてカスタム業界のTOPに君臨。このインパラにもその腕は余すことなく発揮されており”ジャックポットフラッシュ”、”ダイヤブロック””ゼブラウェーブ”そしてグラインダーで独特のラインを描く”グラインダー・タトゥ””エングレービング”等々のテクニックが絡み合い、芸術品の域に!

インパラ エアサス ローハン

インパラ エアサス ローハン

インパラ エアサス ローハン

「ハイドロはフレームに手を付ける必要があるので、将来的にボディの歪みを生むから(井澤氏)」との理由でエアサスを選択頂き、コンチテックのエアバックにエアフォースエアサスパイピングシステムをインストール。

インパラ エアサス ローハン

国宝級インパラの世界観をくずさないエアサスシステム、ということでエアフォースを選択頂きました!

インパラ エアサス ローハン

ボルトオンエアサスのエアフォースですが、さすがに60年以上前の車の脚はないので、エアバッグはコンチテックをインストール。

インパラ エアサス ローハン

ボンネットトランク裏側もグラインダータトゥでこの美しさ。

インパラ エアサス ローハン

エンジン&ミッションもドレスアップで魅せるインパラを誇示!

インパラ エアサス ローハン

細部まで美がやどっております。

インパラ エアサス ローハン

インパラ エアサス ローハン

ホイールはデイトン。タイヤはスキニーリボンが入るマキシス。

インパラ エアサス ローハン

完成度を美術品まで極めた最高峰の一台。カスタム界のカリスマ、ローハン井澤氏に今後も目が離せません。

インパラ エアサス ローハン インパラ エアサス ローハン


次世代エアサス エアフォースサスペンション
■AIR FORCE JAPANホームページアドレス
http://www.airforce-sus.jp/

■フェイスブック
https://www.facebook.com/AirForceSuspensionJapan

■インスタグラム
https://www.instagram.com/airforcesuspensionjp/