▲ TOP

<故障かな?と思ったら>電磁弁(ソレノイドバルブ)について

電磁弁清掃方法

一輪だけ勝手に上がったり下がったりする場合、バルブ(電磁弁)にゴミが詰まっている可能性があります。その場合、ゴミを除去すると直りますので、マニュアルを参考にクリーニングをお試しください。(マニュアルは前期型バルブですが、新型バルブも清掃方法は同じです)

電磁弁の排気口から勝手に空気が出ている

→電磁弁本体の不具合の可能性があります→電磁弁清掃または交換が必要です。


車高が勝手に上がる又は下がる、上がらない

電磁弁にゴミが詰まっている可能性があります
→メンテナンス「電磁弁清掃方法」をお試しください
※清掃しても正常に動作しない場合、電磁弁を交換する必要があります


車高と圧力の表示が合っていない等、数値が不自然な表示をする

電磁弁の中のセンサー不良が考えられます→センサー交換
※ 電磁弁は小型で高圧力なため、微小なゴミや異物でバルブが開閉しなくなる場合があります。
定期的なメンテナンス(清掃)や、こまめな水抜きを行うことで未然にトラブルを防ぐことができます。